廃車にすると自動車税が還付されます

廃車にすると自動車税、重量税が還付されます!

こんにちは。元査定士まっすーです。
今回のテーマは廃車なのですが、その中の「自動車税」「自動車重量税」についてお伝えします。

 

・廃車にすると自動車税がいくら戻ってくるの?
・自分でやる場合、手続きはどうしたらいいの?
・業者によって自動車税の手続きをやってくれるところとやってくれないところがあるって本当?

 

などなど、廃車と税金に関わるお話をしていきますね。

 

廃車にした場合の自動車税

廃車には2種類あります。

 

それが
・永久抹消登録
・一時抹消登録
この2つです。

 

どちらにしても自動車税は戻ってきます。

 

基本的なルールは「抹消登録をした翌月から3月まで月割りで還付」です。

 

4月に廃車にした場合の自動車税

4月に廃車にした場合は、5月から翌年3月までの自動車税を払う必要がありません。4月に廃車にする場合は、「1か月分しか払う必要がない」ため、還付はされませんが、1か月分の支払いで済みます。

 

4月廃車ですと、5月頃に1年分の請求がきますが、こちらは払わなくてよいです。その代り、7月頃に1か月分の納付書が送られてきますので、そちらで支払うようにしましょう。

 

3月に廃車にした場合の自動車税

3月に廃車にした場合は、4月1日に車を保有していないことになりますので、そもそも納付書が届くことがありません。還付はありませんが、支払う必要がなく、また、手続等もしなくていいため、よく選ばれる月になっています。

 

3月、4月以外に廃車にした場合の自動車税

この場合は、廃車にした翌月から3月までの自動車税が還付されます。

 

例えば6月に廃車にした場合は、7月から3月の9か月分の自動車税が還付されます。
この手続き方法は、廃車にした2か月後程度に、「還付のお知らせ」が届きますので、そちらで手続きを行うことで還付されるという仕組みになっています。

 

この間に住所を変更してしまうと、この「還付のお知らせ」が届かないことになってしまいます。
「引越しに伴った廃車」を行う方は、この点が要注意です。
住所を変更する場合は、郵便局での移転手続きをしっかりしておきましょう。

 

軽自動車を廃車にした場合の自動車税

上記は実は「普通自動車」に適用されるルールです。
しかし軽自動車は事情が違います。

 

軽自動車は、自動車税の還付がありません。

 

年単位での納税のためですが、軽自動車には自動車税還付がないということで、3月には軽自動車検査協会は大変混雑します。3月中に廃車にしないと、4月以降の自動車税をすべて払わなければいけないからです。

 

突発的な出来事には廃車の時期は対応できませんが、もし3月中に廃車を考えているという場合であれば、少々急ぎ目に決断、処理をすることをおすすめします。

 

廃車に伴う自動車税・重量税の還付金計算方法

ここまで「自動車税の還付」についてお伝えしてきましたが、2年に1回、その多くは車検時に支払っている「重量税」も還付されます。
次は「いくら還付されるのか」具体的に計算していきたいと思います。

 

計算方法はいたってシンプルですので、あなたの状況に合わせて電卓を自分で叩いてみると、あなたの状況に合った還付金計算ができるはずです。

 

自動車税の還付金計算方法

まずは自動車税です。
自動車税の還付金は、以下の計算方法で求めることができます。

 

「自動車税の年額-(自動車税の年額×4月から廃車にした月までの月数÷12カ月)」

 

例えば下記のような状況だったとしましょう。
自動車税年額:39,500円
廃車にした月:8月(4月から8月の5か月分は支払う)

 

この場合、
39,500円-(39,500円×5ヵ月÷12か月)=39,500-16458.3333・・・・
10円以下は切り捨てですので、
39,500-16,400=23,100円

 

ということで、上記の例の場合は23,100円が還付金として受け取れるということになります。

 

次は重量税です。
重量税の還付金は以下の計算で求めることができます。

 

納付した自動車重量税額×車検が残っている月数÷車検有効期間

 

例えば以下の場合で計算してみます。
納付した自動車重量税:24,600円
車検が残っている月数:8ヵ月と10日→1か月未満は切り捨て→8か月
車検有効期間:2年間→24か月

 

この場合は、
24,600円×8か月÷24か月=8,200円

 

ということで、8200円が還付されるということになります。

 

廃車に伴って還付される税金はしっかり受け取ろう

今回は廃車に伴う税金の話をしてきました。
このお金はしっかり受け取りをしましょう。

 

ちなみに、今まで廃車は自分で行うのが主流でしたス。
スクラップ工場への持ち込みも自分で行う方が多くいました。

 

しかし今は廃車専門の買取業者があります。

 

そちらを利用することで、税金の手続き、自賠責保険の手続きまでしっかりやってくれます。

 

業界でも有名な「カーネクスト」はどのような車でもしっかりお金が戻ってきますので、おすすめです。

 

※他では買取不可のハイエースも10万円の買取実績
※エンジン故障で自走不可の車も1万円買取
※その他税金還付あり

値引きに有効な当サイトおすすめのサービス


Goo買取

Goo買取


評判口コミを見ながら、買取会社を探せるのがGoo買取です。生の評判口コミが多数掲載されているため、「あなたの地域の優良会社」を一目で見分けることができます。

下取り査定よりも、10万円、20万円と高くなった事例が数々あります。場合によっては50万円以上違ったという事例も存在しています。たとえ下取り査定から5万円しか高くならなかったとしても、それはエスティマの値引きが5万円できたことと同じです。

「買取が初めてである」「査定してもらうなら、買取金額が高い、かつ、対応・サービスのいい買取業者に査定してもらいたい」という方におすすめのサービスです。

【運営会社】株式会社プロトコーポレーション
【登録業者】約270社

》詳細はこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較


どこよりも買取業者の登録が多いズバット車買取比較。利用する方が一番多い査定サイトです。

エスティマの値引きを効果的にできる部分がこの「買取査定」の部分です。買取をしっかりすることで、下取りよりも高い金額であなたの愛車を選ぶことができます。

「どこよりも高く車を買い取りしてもらう」ために迷わずおすすめなのが、このズバット車買取比較です。

【運営会社】株式会社ウェブクルー
【登録業者】200社以上

》詳細はこちら

新車の無料見積もり、オートックワン

オートックワン


オートックワンは、新車の無料見積もりができるサイトです。私がこちらでエスティマの値引き交渉をしたところ、まだ初回であるにも関わらず、64万円の値引きを手に入れることができました

他の車種も商談のために利用させてもらいましたが、実店舗よりも値引き率が高いのが特徴です。実際に見積もりをもらった店舗で購入することもできれば、オートックワンでもらった見積もりを元に、今の商談に活かすこともできます。もちろん利用料はすべて無料です。

「同車種同条件での競合が欲しい」「値引きも限界額に近づけたい」「交渉・商談の材料が欲しい」「まずはいくらになるのか知りたい」などに1つでも当てはまる方に、迷わずおすすめできるサービスがオートックワンです。オートックワンでの交渉は電話は一切かかってくることがなく、すべてメッセージです。文字としてやりとりが残るため、商談に活かしやすいですよ。

【運営会社】オートックワン株式会社

詳細はこちら

関連ページ

廃車の基準はどうなっているのか
いざ車を売ろうと思った時に、これは廃車にした方がいいのか何なのか分からないときがあります。今回は廃車の基準についてお伝えします。
エスティマの廃車金額はいくら?
今回はエスティマを廃車にするときにかかる費用についてみていきます。意外と知らなかった廃車の金額にまつわるあれこれを一挙紹介!