車,査定,オプション

車の査定を控えて。オプションによって査定にどう響くのか?

こんにちは。元査定士まっすーです。

 

今回は!ズバリ「車を査定するけどオプションの評価ってどうなってるの?」「車を売る前にオプションがきちんと評価されているのか知りたい」という悩みをなくすために書いています。

 

すごく重要なポイントです。
オプションによってプラスにもなればマイナスにもなりますからね。

 

ということで具体的に見ていきましょう!

 

オプション査定で大切なのは需要と供給!

まず当然のことなのですが、これはとても大事なので覚えておきましょう。

 

中古車はあなたが査定し、売ることを実行した後、中古車オークション市場や直接販売を通して、「次のユーザーが手に入れる」ということになります。

 

車なので、「次のユーザーがいるというのがポイント」です。

 

そうすると、「買いたいと思うようなオプション」がついていれば、購入の決め手になるでしょう。
しかし、「これはちょっと・・・」というようなオプションがあれば、避けられるかもしれません。もしくは安かったら買うかもしれません。

 

ご理解いただけたかと思いますが、土台としての考え方は、

 

一般的に欲しい人が多いオプションか?避けられるオプションか?によって、プラス査定にもマイナス査定にもなるということです。

 

しかし、
・一般的に需要の高い=人気のあるオプションとはなんでしょうか?
・人気のないオプションってなんでしょうか?

 

欲しい・欲しくないは人によって違うもの。
ということで、具体的にプラス査定につながるオプションを見ていきましょう。

 

サンルーフは人気です

サンルーフ

場合によってはサンルーフではなく、ムーンルーフやガラスルーフなどいろいろおな呼び方がありますが、右側の写真のような装備のことです。

 

これは中古車市場ではよく売れる装備の1つです。

 

しかもポイントは「多くの車についていない」ということ。
つまりレア度が高いということですね。

 

実際このオプションは新車で購入時には7万円〜15万円ほどですが、なんと!査定した時にこれがあると5万円、高額査定になれば10万円にもなります。
(このサンルーフの査定の幅をあえてつけたのは、査定士によって違うからです。ちなみにまっすーの場合は、最初は5万円程度にしておいて、その後の交渉として余力を残していました。)

 

ということで、購入時からほとんど値崩れしない装備、それがサンルーフです。

 

ちなみに「ええ、いらないよ」という方も多いのですが、サンルーフがつけられるグレードは上級グレードに多いというのも1つのポイントです。
上級グレードなので、「いい車が欲しいけど新車はちょっとなぁ」という方にも好まれます。

 

エアロパーツの査定も高評価。でも注意点があります

エアロパーツ

 

次によく言われるのが「エアロパーツ」

 

これについては本当に査定士として仕事をしていたときも、プライベートでも聞きました。

 

その疑問にまずはお答えしたいと思います。

 

エアロパーツってつけたままがいいの?

実は時と場合によります。つけたままの方が得な面もあれば、外した方がいい場合もあります。

どんなエアロパーツが高額査定になるの?

純正品です。もっと言うと、
○トヨタ車:TRD・モデリスタ
○日産:ニスモ
○ホンダ:無限
○マツダ:マツダスピード
○スバル:STI
○スズキ:スズキスポーツ
これらに値段がつきます。

社外品のエアロパーツをつけているけど査定に影響するの?

実は社外品は場合によってはマイナス査定になることもあります。ですので、個人的には外してオークションに売るのが一番お金になります。また「0円」になることもよくあります。私まっすーも査定士時代には値段はつけませんでした。※ただし、WALDやGIALLAなど社外品だけどメーカー公認のものは高くなります。

 

ということで、エアロパーツは場合によりけりですので要注意です。

 

また、いわゆるフルエアロの方が、査定額はアップします。

 

パワースライドドアの査定もプラスです!

エアロパーツ

次に紹介したいのがパワースライドドア。これがあるだけで査定額はアップします。

 

こちらのポイントは「オプションであること」が大事です。

 

要するに、パワースライドドア標準装備の車はすべてにパワースライドドアがついているので、差別化にならないからです。

 

逆にオプション製品ですべての車に装備『されていない』場合、「お、この中古車はパワースライドドアついてるぞ」となれば、売れますよね。

 

そういうことで、オプションでパワースライドドアをつけたという方は、そこもきちんと評価されますので安心してくださいね。

 

その他、アルミホイール、本革シート、ローダウン、HIDヘッドライト・・・

 

まだまだたくさんありますが、これらは後はおまけ程度に考えてください。
つまり、値段をつけない場合も多々あります。ということです。

 

そんなオプションは
・アルミホイール→モノによっては高額査定あり
・本革シート→状態によります
・ローダウン→車種によります
・スマートキー
・LEDヘッドライト
・HIDライト
・パワーバックドア→オプション装備の場合

 

などなどがあります。

 

オプションも含めて、買取査定には差が出ます

査定士を長年やってきました。

 

その中で、うちの店舗では50万円がどうしても限界なのに、80万円を出してくる買取店もありました。
逆に他店では30万円が限界なのに、うちでは50万円の査定をつけれることもありました。

 

それだけ「査定」は「あいまい」です。
このオプション評価にしても例えばエアロをばしばしにつけたお店ではエアロが高評価をしてもらえるでしょうし、一般ユーザーの満足度を高めるお店であれば「パワースライドドア」などが高評価を得ていくと思います。

 

オプションの査定は正直やってみないと分からない!というよりは、
「お店ごとに評価が違うから、数社で実際に査定してみること」
がポイントです。

 

ではでは、「車の査定を控えて。オプションによって査定にどう響くのか?」の記事を終わりにします!

 

長文お読みいただきありがとうございました!

 

おすすめの一括査定と秘密のサイトの2つを紹介

まっすーは友人の車を売る手伝いもプライベートでしてきました。私自身も一括査定を使用し、ヴォクシーを売った時はカウカウ82万円、カーセブン102万円、ジーアフター121万円でしたので、差額が39万円にもなりました。特にかんたん車査定ガイドは評判です。

↓

>>かんたん車査定ガイド<<

 

電話連絡なし!個人情報ももれない!新時代の一括査定を超えたサイトができました。この1年でぐーんと伸びているサービス。電話にも困らず、確実な査定で、一括査定よりも高額査定が実現することもあるサイトをこっそり教えます。

↓

>>新時代の一括査定じゃない一括査定<<

※当サイト別ページに飛びます

電話なしで高額査定

 

値引きに有効な当サイトおすすめのサービス


Goo買取

Goo買取


評判口コミを見ながら、買取会社を探せるのがGoo買取です。生の評判口コミが多数掲載されているため、「あなたの地域の優良会社」を一目で見分けることができます。

下取り査定よりも、10万円、20万円と高くなった事例が数々あります。場合によっては50万円以上違ったという事例も存在しています。たとえ下取り査定から5万円しか高くならなかったとしても、それはエスティマの値引きが5万円できたことと同じです。

「買取が初めてである」「査定してもらうなら、買取金額が高い、かつ、対応・サービスのいい買取業者に査定してもらいたい」という方におすすめのサービスです。

【運営会社】株式会社プロトコーポレーション
【登録業者】約270社

》詳細はこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較


どこよりも買取業者の登録が多いズバット車買取比較。利用する方が一番多い査定サイトです。

エスティマの値引きを効果的にできる部分がこの「買取査定」の部分です。買取をしっかりすることで、下取りよりも高い金額であなたの愛車を選ぶことができます。

「どこよりも高く車を買い取りしてもらう」ために迷わずおすすめなのが、このズバット車買取比較です。

【運営会社】株式会社ウェブクルー
【登録業者】200社以上

》詳細はこちら

新車の無料見積もり、オートックワン

オートックワン


オートックワンは、新車の無料見積もりができるサイトです。私がこちらでエスティマの値引き交渉をしたところ、まだ初回であるにも関わらず、64万円の値引きを手に入れることができました

他の車種も商談のために利用させてもらいましたが、実店舗よりも値引き率が高いのが特徴です。実際に見積もりをもらった店舗で購入することもできれば、オートックワンでもらった見積もりを元に、今の商談に活かすこともできます。もちろん利用料はすべて無料です。

「同車種同条件での競合が欲しい」「値引きも限界額に近づけたい」「交渉・商談の材料が欲しい」「まずはいくらになるのか知りたい」などに1つでも当てはまる方に、迷わずおすすめできるサービスがオートックワンです。オートックワンでの交渉は電話は一切かかってくることがなく、すべてメッセージです。文字としてやりとりが残るため、商談に活かしやすいですよ。

【運営会社】オートックワン株式会社

詳細はこちら