車を売る時の消費税

車を売る時の消費税

こんにちは。元査定士まっすーです。

 

車を売る時には、消費税はどうなっているのでしょうか?
今回はそれを伝えていきたいと思います。

 

消費税

 

まず、車を売る時に消費税がかかるのか?と言えば、「かかる」が正解となります。
つまり、国に税金を納めなければいけなくなるということです(汗)

 

具体的にはどういうことなのか?
見ていきましょう。

 

車を売る時の消費税とかってどうなってるの?

では具体例です。

 

例えば、買取査定額が100万円だったとしましょう。
実は、ここには消費税が含まれています。
現在消費税は8%なので、約7万4千円の税金が含まれていることになります。

 

つまり、買取金額は92万6千円ということになってしまうのです。

 

これがどう影響するかについて話します。

 

例えばあなたの車の査定額が「95万円」だったとしましょう。

 

そこに消費税を加えると、95万円×1.08=102万6千円が買取金額になります。

 

さて、あなたが査定士だったとして、102万6千円の査定額が出たとしたら、どうしますか?
きっと、提示額を「100万円」にしますよね(笑)

 

ということで、「キリのよい数字」にすることで、「業者が得」することができるんです。

 

消費税はかかる。そして業者は消費税によって得することができる

 

車を売る時にかかるのは消費税だけじゃない

ここまで「消費税がかかるよ」という話をしてきましたが、実は消費税だけではありません。

 

業者はこれを説明はしませんが、以下のようなものがかかっています。

 

1:消費税
2:自動車税
3:自動車重量税
4:自賠責保険料
5:リサイクル料

 

これらですね。

 

なぜ説明しないかというと、お客さんがパニックになってしまうからです(笑)

 

これら1つ1つ説明したとしても、車を売る時の買取金額は変わらないですしね。

 

つまり、車を売る時には、業者は、消費税含めたこれらの料金が「かかる」ということは言っても内訳は話さないということです。

 

ただ、一応念のため、これらはきちんと買取金額に入っているよ、ということは知っておいてくださいね。

 

消費税だけじゃない!車を売る時に大事なポイントとは?

一番大事なのは何でしょうか?
やはり車を売る時には「高く売る」ことが大事ですね。

 

そこで、元査定士として言いたいことがあります。
それは、査定士は「安く買いたたくことに精を出す」ということです。

 

実際私も査定士時代は「安く買いたたいて」いました。
すみません・・・。

 

例えばあなたの車に30万円の査定額が出たとしましょう。
でも実際に業者がそれを転売して売る時には、実は100万円で売れたりします。

 

そういうことは普通にあります。

 

そして、利益が出れば出るほど、その営業マンは評価されます。

 

だから安く買いたたこうとするのです。

 

車を売る時の中古車相場は、「安い」です。

 

多くの人は「こんなに高く売ることができるの?」とは思っていても、安いです。

 

例えば廃車にする車だったら、1万円とかで買取します。
鉄にすれば一定の金額が出るのに、1万円。

 

でもお客さんは
「年式も古いし、走行距離もかなりあるのに、値段がついた!」
と喜んでくれます。

 

業者はウハウハです。

 

このようなことは日常茶飯事です。

 

車を売る時に消費税以上に気をつけて欲しいこと

安く買いたたくのが業者の常。

 

ではそれにどのように対抗したらいいのでしょうか?

 

こんな例を聞いたことがありませんか?

 

A社では査定額30万円、B社では40万円、C社では60万円、差額30万円!

 

一括査定サイトによくあるあれです(笑)

 

こんなのですね↓

 

「本当にそんなことあるの?」と思うかもしれませんが、「あります」。

 

私自身、他の査定会社より高い査定金額をつけたことがあります。

 

これはなぜ起こるかと言えば、そもそも高く売ることができる車ですので、差がどうしても出てしまうというわけです。

 

30万円が相場としても、70万円で売ることができるなら、どうなるでしょうか?

 

安く買いたたくなら相場以下の20万円で買い叩くかもしれません。
相場通り30万円かもしれません。
高めに見積もって55万円かもしれません。

 

どれにしても「利益」は「でます」

 

そういうわけで、どうしても差が出てしまうのです。

 

これに対してどのように対抗すればいいかというと、「多くの業者に査定してもらう」ということです。

 

会社ごとに出す金額は違います。
査定士ごとに査定基準は多少変わります。

 

そういうわけで、数多くの査定をするしか、今の所対抗手段がないということになります。

 

車を売る時に下手な鉄砲数打ちゃ当たるはダメ

でも、とにかく数多くの査定を繰り返していたら、あなたが疲れてしまいます。

 

それは嫌ですよね。仕事でもないのに。

 

ということで、車を売る時には、「できる限り高精度」に「高い査定金額を出してくれるお店」に当たるのが一番です。

 

だから一括査定はこの場合は適しません。
なぜなら、「査定量」は増えても、「高い質」がキープされるかどうかは分からないからです。

 

また、どの業者が来るかも分からなければ、何社来るかも分かりません。

 

(一括査定は最終手段ということです。)

 

そこでおすすめするのがGoo買取です。

 

Goo買取のメリットは「口コミ・評判を見れる」ということにあります。

 

このような感じです↓

goo買取

 

このように生の評判を見ることができます。
まずはこれを見ながら、できる限り精度を高く、優良業者に査定してもらうことをおすすめします。

車を売る時の消費税まとめ

査定士時代、安く買いたたくこともあって、消費税の話からだんだんと道がそれていきましてすみません。
熱くなりすぎました。

 

まとめると、車を売る時には消費税はかかるということ。

 

また、それ以外にも自動車税や自動車重量税、自賠責保険料、リサイクル料がかかっているということでした。

 

 

そしてそれらは買取価格に含まれていながらも、含まれているという説明だけで(もしくは説明なしで)、内訳は聞かれなければ言わないということです。

 

 

結論、一言でいえば「消費税はかかる」ということですね。

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

値引きに有効な当サイトおすすめのサービス


Goo買取

Goo買取


評判口コミを見ながら、買取会社を探せるのがGoo買取です。生の評判口コミが多数掲載されているため、「あなたの地域の優良会社」を一目で見分けることができます。

下取り査定よりも、10万円、20万円と高くなった事例が数々あります。場合によっては50万円以上違ったという事例も存在しています。たとえ下取り査定から5万円しか高くならなかったとしても、それはエスティマの値引きが5万円できたことと同じです。

「買取が初めてである」「査定してもらうなら、買取金額が高い、かつ、対応・サービスのいい買取業者に査定してもらいたい」という方におすすめのサービスです。

【運営会社】株式会社プロトコーポレーション
【登録業者】約270社

》詳細はこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較


どこよりも買取業者の登録が多いズバット車買取比較。利用する方が一番多い査定サイトです。

エスティマの値引きを効果的にできる部分がこの「買取査定」の部分です。買取をしっかりすることで、下取りよりも高い金額であなたの愛車を選ぶことができます。

「どこよりも高く車を買い取りしてもらう」ために迷わずおすすめなのが、このズバット車買取比較です。

【運営会社】株式会社ウェブクルー
【登録業者】200社以上

》詳細はこちら

新車の無料見積もり、オートックワン

オートックワン


オートックワンは、新車の無料見積もりができるサイトです。私がこちらでエスティマの値引き交渉をしたところ、まだ初回であるにも関わらず、64万円の値引きを手に入れることができました

他の車種も商談のために利用させてもらいましたが、実店舗よりも値引き率が高いのが特徴です。実際に見積もりをもらった店舗で購入することもできれば、オートックワンでもらった見積もりを元に、今の商談に活かすこともできます。もちろん利用料はすべて無料です。

「同車種同条件での競合が欲しい」「値引きも限界額に近づけたい」「交渉・商談の材料が欲しい」「まずはいくらになるのか知りたい」などに1つでも当てはまる方に、迷わずおすすめできるサービスがオートックワンです。オートックワンでの交渉は電話は一切かかってくることがなく、すべてメッセージです。文字としてやりとりが残るため、商談に活かしやすいですよ。

【運営会社】オートックワン株式会社

詳細はこちら