エコカー減税の2017年度の対応車

2017年度、エコカー減税の対象車は?

今回は2017年度も引き続き行われるエコカー減税の最新情報をお届けします。

 

エコカー減税対応期間
取得税:平成27年(2015年)4月1日〜平成29年(2017年)3月31日、平成29年4月1日〜新エコカー減税
重量税:平成27年(2015年)5月1日〜平成29年(2017年)4月30日、平成29年5月1日〜新エコカー減税
自動車税:平成29年(2017年)3月31日まで、平成29年4月1日〜新エコカー減税

2017年現在、終了日になると、次は新エコカー減税が適応されます。

 

2017年4月以降の新エコカー減税、何が変わるの?

まず、一大ニュースです。
2017年の4月、新エコカー減税が始まります。

 

2017年3月までは、エコカー減税対象者は新車として販売されている車のうち、約91%の車に適応されていました。
しかし2017年4月以降はそれが83%に、2018年には78%になるというのです。

 

これは燃費達成基準を厳しくするということで、例えば今まで免税だったヴェゼルハイブリッドやハスラーは免税から75%減税に変更されます。

 

その基準を次はお伝えします。

 

新エコカー減税、2017年にどう変わる?

下記表をご覧ください。
こちらの表は「取得税がどのように変わるのか」を表した表です。

区分 現行 2017年4月1日〜2018年3月31日
電気自動車等 非課税 非課税
平成32年度燃費基準+40%達成 非課税 非課税
平成32年度燃費基準+30%達成 非課税 非課税
平成32年度燃費基準+20%達成 非課税 60%
平成32年度燃費基準+10%達成 80% 40%
平成32年度燃費基準達成 60% 20%
平成27年度燃費基準達成+10%達成 40% 20%
平成27年度燃費基準達成+5%達成 20% 減税なし

 

こうしてみると、基準が一つ上がっていることが分かりますね。
つまり、今まで「平成27年度燃費基準達成+5%達成」だった車に対しては減税がなくなるということです。

 

では次は2017年4月以降の新エコカー減税の「重量税」についてみていきましょう。

 

新エコカー減税で2017年4月以降重量税はこう変わる

それでは同じように表にしましたのでご覧ください。

区分 現行 2017年4月1日〜2018年3月31日
電気自動車等 免税 免税
平成32年度燃費基準+50%達成 免税 免税
平成32年度燃費基準+40%達成 免税 免税
平成32年度燃費基準+30%達成 免税 免税
平成32年度燃費基準+20%達成 免税 75%
平成32年度燃費基準+10%達成 75% 50%
平成32年度燃費基準達成 50% 25%
平成27年度燃費基準達成+10%達成 25% 25%
平成27年度燃費基準達成+5%達成 25% 本則適用

ということで、重量税についても減税額が小さくなります。

 

2017年4月以降の新エコカー減税は万円単位で金額が変わる

免税が免税ではなくなる車種だけでなく、全体的に減税割合が減りますので、4月以降に購入すると、3月よりも車はどうしても高くなります。
しかも「万円単位」で支払額が変わることもあり得ます。

 

よって、自動車は売れなくなることが考えられます。
もしくは、2017年4月の変更後も「免税」「非課税」といった車に人気が集まるかもしれませんね。

 

それでは、新エコカー減税に対応している対応車はどのような車種があるのでしょうか?

 

2017年4月以降もエコカー減税免税・非課税の車種はどれ?

それでは具体的にどのような車が2017年4月以降も減税対象となるのかを見ていきましょう。

 

トヨタ車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

・プリウスPHV
・MIRAI
・ランドクルーザープラド
各種電気自動車

 

【以降更新中】

 

ホンダ車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

工事中(最新データベース発表後更新)

 

マツダ車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

工事中(最新データベース発表後更新)

 

日産車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

工事中(最新データベース発表後更新)

 

スズキ車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

工事中(最新データベース発表後更新)

 

スバル車の新エコカー減税での免税・非課税対象車

工事中(最新データベース発表後更新)

 

エスティマの2017年4月以降のエコカー減税

エスティマの場合は、ハイブリッドは平成32年の燃費基準を20%超え達成しているため、取得税は80%か非課税に、重量税は75%もしくは免税になります。
また新しい情報が入りこちらも随時更新いたします。

値引きに有効な当サイトおすすめのサービス


Goo買取

Goo買取


評判口コミを見ながら、買取会社を探せるのがGoo買取です。生の評判口コミが多数掲載されているため、「あなたの地域の優良会社」を一目で見分けることができます。

下取り査定よりも、10万円、20万円と高くなった事例が数々あります。場合によっては50万円以上違ったという事例も存在しています。たとえ下取り査定から5万円しか高くならなかったとしても、それはエスティマの値引きが5万円できたことと同じです。

「買取が初めてである」「査定してもらうなら、買取金額が高い、かつ、対応・サービスのいい買取業者に査定してもらいたい」という方におすすめのサービスです。

【運営会社】株式会社プロトコーポレーション
【登録業者】約270社

》詳細はこちら

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較


どこよりも買取業者の登録が多いズバット車買取比較。利用する方が一番多い査定サイトです。

エスティマの値引きを効果的にできる部分がこの「買取査定」の部分です。買取をしっかりすることで、下取りよりも高い金額であなたの愛車を選ぶことができます。

「どこよりも高く車を買い取りしてもらう」ために迷わずおすすめなのが、このズバット車買取比較です。

【運営会社】株式会社ウェブクルー
【登録業者】200社以上

》詳細はこちら

新車の無料見積もり、オートックワン

オートックワン


オートックワンは、新車の無料見積もりができるサイトです。私がこちらでエスティマの値引き交渉をしたところ、まだ初回であるにも関わらず、64万円の値引きを手に入れることができました

他の車種も商談のために利用させてもらいましたが、実店舗よりも値引き率が高いのが特徴です。実際に見積もりをもらった店舗で購入することもできれば、オートックワンでもらった見積もりを元に、今の商談に活かすこともできます。もちろん利用料はすべて無料です。

「同車種同条件での競合が欲しい」「値引きも限界額に近づけたい」「交渉・商談の材料が欲しい」「まずはいくらになるのか知りたい」などに1つでも当てはまる方に、迷わずおすすめできるサービスがオートックワンです。オートックワンでの交渉は電話は一切かかってくることがなく、すべてメッセージです。文字としてやりとりが残るため、商談に活かしやすいですよ。

【運営会社】オートックワン株式会社

詳細はこちら

関連ページ

エスティマの決算値引き
エスティマも決算の時期なら値引きが期待できます!2017年だからこその方法を元査定士と現役営業マンがテクニックをお伝えします!
エスティマの残価設定をお得に利用する
エスティマの値引きからさらに残価設定を利用してお得に買いたい!そんなあなたに残価設定のメリットや残価率の設定方法までお伝えしていきます!
エスティマのフルモデルチェンジはいつ?
エスティマのフルモデルチェンジはいつなの?最新情報をお届けします!
エスティマ2017年式の値引き
2017年のエスティマ値引き目標はいくら?元査定士と現役営業マンがテクニックも含めてお答えします!
エスティマの値引きを下取りなしですると?
アクアの値引きを下取りなしでするとどうなる?相場や下取り有りとの比較をしていきます
エスティマの2017年3月の値引き額
2017年3月のエスティマの値引き額最新情報!値引きテクニックや、最新の相場をお伝えしていきます。
エスティマの値引き交渉術
エスティマの値引き交渉ってどうやってやったらいいの?最新の交渉術をお伝えします!
トヨタ エスティマ/ハイブリッド値引き2017年4月度レポート
2017年4月のトヨタエスティマのガソリン車とハイブリッド車の値引き、実燃費、価格レポートです。どうぞお楽しみください!
エスティマの新車の乗り出し価格はいくらなのか
エスティマの新車の乗り出し価格と、値引きできる諸費用をお伝えします。交渉・商談にもぜひお役立てください。
エスティマハイブリッドのエコカー減税 2017年度版
エスティマハイブリッドのエコカー減税について、2017年最新情報をお届けします。どれだけお得になるのかということに加えて、、エコカー減税の値引きの考え方も公開していますよ